スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

アフィリエイト初心者がしがちな間違い その2 サイトをバナー広告で埋め尽くす

初心者の方が作ったアフィリエイトサイトと思われるサイトを見ていると、アフィリエイトで稼ぐ上では間違いと思われる行為をしているのをよく見かけます。そんなアフィリエイト初心者がしがちな間違いの一つとして、サイトをバナー広告で埋め尽くしてしまうということがあります。

下手な鉄砲数撃ちゃあたるとはいったものですが、アフィリエイトに限っては決してそんなことはありません。むしろ逆でサイトをバナー広告で埋め尽くし、バナー広告だけのサイトにしてしまうと、ユーザーがサイトに訪れる可能性がグッと低くなってしまうのです

もちろん、それ相応の量のテキストと共に、沢山のバナー広告を掲載することはまったく問題ありません。ここで言いたいのはバナー広告だけのサイトにしてはならないということです。

バナー広告だけのサイトというのは、サイトを訪れたユーザーから見ると怪しいことこの上ないのはもちろんですが、ある程度のテキストが無いサイトは、検索エンジンで検索されたときにヒットする確率が劇的に少ないので、そもそも怪しいと思ってくれるユーザーさえもサイトに来てくれないのですね~これではアフィリエイトで稼ぐことは出来ないですね。

アフィリエイトサイトはバナーだけでなく、テキストも、それも自分で考えたテキストを掲載するのが一番です!!
スポンサーサイト

アフィリエイト初心者がしがちな間違い その1 広告がアフィリエイトだと書いてしまう

おそらく初心者の方が作ったアフィリエイトサイトだろうなと思われるサイトを見ていると、アフィリエイトで稼ぐ上では間違いと思われる行為をしているのをよく見かけます。そんなアフィリエイト初心者がしがちな間違いの一つとして、わざわざ掲載している広告がアフィリエイトであると書いてしまうということがあります。

それではわざわざ広告がアフィリエイトだと書いてしまうとどうなるでしょう?まずアフィリエイトという言葉の意味を知っている人は広告をクリックしなくなるでしょう。好き好んでアフィリエイトに協力したいと思う人は多くないでしょうからね。次にアフィリエイトという言葉の意味を知らない人は「アフィリエイトってなんだ?」と不信感を抱いてしまい、結局広告をクリックしてくれなくなるでしょう。いずれにしてもわざわざ広告がアフィリエイトだと宣言することにいいことはないものです。

アフィリエイトで稼ぐためには広告をさりげなく掲載することが一番です。

スモールワードでも成果発生が見込めるECサイトアフィリエイト

ECサイトのアフィリエイトのお得さについて以前に記事にしましたが、ECサイトのアフィリエイトには他にも良いところがあります。それはスモールワードでも成果発生が見込めると言うことです。

まず、スモールワードについて語る前に少々SEOのことについて話したいと思います。SEOとはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略で、日本語に直訳すると「検索エンジン最適化」意味になります。つまりSEOとは特定のキーワードが検索エンジンで検索された際に、検索結果の上位に表示されるように行う対策を意味します

アフィリエイトを行う上で、サイトに掲載している広告と関連するキーワードが検索された際に、そのサイトが上位表示されていれば、当然成果は発生しやすくなります

とはいえど、例えば現在アフィリエイトで人気のジャンルである、FXやレーシックなどのに関連しているキーワード、例えば「FX」や「FX 比較」だったり「レーシック」や「レーシック 比較」などのキーワードは、そのワードでSEO対策を行っている競合サイトが多く、検索結果の上位表示させるのは困難と言えます。

また、FXやレーシックの場合はその広告に関連するキーワードのは限られている場合が多く、いずれも検索結果の上位表示させるのは困難なキーワードが多いのです。このような競合が多く、SEO対策を行うことが難しいキーワードをビッグワードと言います

それに対してECサイトの場合は商品数が多くあるサイトがほとんどで、その広告に関連するキーワードはそのサイトの商品数に比例していると言えます。また、よほどの人気や知名度のある商品で無い限り、その商品に関連するキーワードでSEO対策を行っている競合サイトは少なく、検索結果の上位表示させるのが容易な場合があります。このような競合が少なく、SEO対策を行うことが容易なキーワードをスモールワードと言います

確かにスモールワードはSEO対策を行うのが容易な場合が多いのですが、その分検索数も少ないのが事実です。しかし、スモールワードもビッグワードもいずれもユーザーが自発的に広告に関連するキーワードの検索を行っていることには変わらないのです。つまり、スモールワードは検索数が少なくても、成果を発生させてくれる可能性が高いユーザーがサイトに来てくれていることには変わりはないのです

また、スモールワードでも多くのワードでSEO対策を行えば、結果的にビッグワードで検索結果の上位に表示されているサイトに勝ることもあります。と言うわけでスモールワードでアフィリエイトサイトに誘導しやすいECサイトアフィリエイトは成果を出しやすいと言えます

もしビッグワードでSEO対策を行える自信があるならFXやレーシックなどのアフィリエイトを行うことを強くオススメします。しかし、ビッグワードは生半可な対策では検索結果の100位以内にも表示されることはなく、非常に対策が難しいものです。初心者アフィリエイターには、スモールワードで成果が見込めるECアフィリエイトをオススメします。

成果や提携申請がなかなか承認されないときには

アフィリエイト広告を掲載するために、まず最初に行わなくてはならないことは広告主への提携申請(広告掲載の許可の申請)です。そして提携申請が承認されるといよいよアフィリエイト広告を掲載できるようになります。その後、掲載した広告を通じて広告主のサイトに訪れたユーザーが商品購入などのアクションを起こすと成果になり、その成果が広告主に承認されて始めて報酬が支払われます

上記の流れはアフィリエイトの基本であるのですが、困ったことにこの流れは意外とスムーズに行かない場合があります。何故スムーズに進まないことがあるかというと、広告主からの提携申請、成果の承認がなかなかされないケースが多々あるのです。これには困ったものです。

提携申請の承認がされないもの困ったものですが、もっと困るのは成果の承認がされないことですよね。だって成果は承認されないと報酬が手に入らないのですから。そんな場合どうしたらよいか?方法は以下の2つだと思います。

◆広告主に直接問い合わせる。
この方法を使えるのはリンクシェアなどの広告主との直接連絡を許可しているASPのみですが、もっとも効果があります。そもそも成果承認がされない理由の一つとして、単純に広告主が作業を忘れているだけというケースが多々あります。そんな場合は連絡を取ってみると意外とすんなり承認をしてくれるものです。

◆広告主が参加しているASP問い合わせる。
通常のASPでは広告主との直接連絡は許可されていないので、この方法は最も一般的なものかもしれません。承認がされない状況を伝えれば、ASPの担当者が広告主に問い合わせてくれます

提携や成果がなかなか承認されないからといって諦めてはいけません。諦めたらアフィリエイトは終わりですからね!上記のようにしっかりと状況を伝えて承認されるように頑張りましょう!

アフィリエイトの広告主側にも不正は存在する

以前に不正を行ったアフィリエイターの情報は共有されると言ったことを紹介したと思います。ASPとしてはアフィリエイターの不正は悩みの種であるでしょうし、また、まっとうに頑張っているアフィリエイターにとっても好ましくないことであるので、大いに不正なアフィリエイターは排除して欲しいものです。

しかし、アフィリエイター側の不正は年々厳しく監視されるようになりましたが、アフィリエイトを行っている広告主側の不正は放置状態であるのはアフィリエイターとしては悲しい限りです。

広告主側にも不正ってあるの?と驚かれた方も多いと思いますが、残念ながら、アフィリエイトを行っている広告主側も不正を行っている場合があるのです。広告主の不正にも色々なものがありますが、その中でも最も多いのが、本来承認されるべき成果を非承認としてしまうということです。

ご存知のようにアフィリエイトは成果が発生しただけでは報酬の支払い対象とならず、広告主側が発生した成果を承認して初めて報酬の支払い対象となります。この仕組みを利用して、本来承認すべき成果を非承認にしてしまうという不正を働く広告主が存在するのです。

確かにアフィリエイトという仕組みでは、発生した成果でも、その成果がいたずらだったり、キャンセルになった場合はその成果を認めない、つまり報酬の支払い対象にしないということが認められています。本来このような報酬の支払い対象として認められない成果と言うのは、例えばECサイトのアフィリエイトで購入がキャンセルになったなどの正当な理由があるものです。正当な成果を報酬の支払い対象として認めないと言うのはあってはならないことなのです。

しかし、アフィリエイターはその広告主が不正を行っているかどうかを知るすべはありません。発生した成果に対して、あまりにも承認される成果が少ない広告主は怪しいといえますが、実際に不正なのか否かは判別しがたいのが事実です。

では、明らかに不正を行っているのでは?と思った広告主の対処法はどのようにすればよいのでしょうか?その広告主が参加しているASPに問い合わせると言うのも一つの手段ですが、ASPとしてもその広告主が不正を行っているのか否かを見破ることは出来ません。なぜなら、成果を承認する基準は広告主側にあるためです。

としたら、不正を行っている広告主の対処法は一つです。その広告主の広告を掲載しなければいいのです。そうして他のきちんとした不正を行っていない広告主を応援することが、ささやかながらの抵抗というものです!

| ホーム | 次ページ
Page Top↑

プロフィール

アフィリマン

Author:アフィリマン
なかなか稼ぐのが難しいといわれているアフィリエイトですが、やれば必ず結果は出ます!このブログでその手助けができればと思います。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

アクセスアップにオススメ

相互リンカー
相互リンクは検索エンジン上位表示の近道!無料登録で相互リンクを支援してくれるサイトです!

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
無料で登録できるブログランキングです!ブログランキングに登録するとアクセスしてくれる人がグンと増えますよ!

ブログランキング



人気ブログランキング

ブログ王

くつろぐ



にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。