スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ASPの最低報酬支払額が低下中の今こそアフィリエイトの始め時

最近バリューコマースに続きA8.net(エーハチネット)も報酬の最低支払額が1000円に引き下げられました。また、これはあくまでも噂レベルですが、ある上場企業が運営する某大手ASPでも報酬の最低支払額が1000円に引き下げる準備を進めているそうです。

このように各ASPの報酬の支払額が引き下げられている今こそアフィリエイトを始めるには絶好の機会といえるのではないでしょうか。思えばアフィリエイトというビジネスモデルが日本にやってきた1998年頃の報酬の最低支払額は5000円~10000円というのが一般的でした。また、そのように報酬の最低支払額が高額だった時代はアフィリエイターの95%以上が1円の報酬も稼げていない時代でした。そのような時代に比べると現在はアフィリエイターにとって、とても恵まれた時代といえます。

1000円の報酬を稼げば支払われるというのなら、本人申込がOKな広告に自分で申込めばあっという間に報酬が支払われます。こんな時代にアフィリエイトをやらない手は無いですね!
スポンサーサイト

商品リンクのちょっとしたコツ 画像をサイト内に保存する

ECサイト(物販サイト)のアフィリエイト広告を掲載する上で、欠かすことの出来ない商品リンク機能(リンク先URL、リンクテキスト・画像を自由に設定できる機能)ですが、リンクに画像を使う場合は、一工夫すると管理が楽になります。その一工夫とはリンクに使う画像は自身のサイト内に保管しておくということです。

では何故画像を自身のサイト内に保管しておくと管理が楽になるのでしょうか?答えは簡単です。リンク画像を広告主のサイトに保管してあるものを使用すると、広告主がその画像を削除してしまったときに、自分のサイトで表示している画像も削除され、表示されなくなるからです

「リンク画像の保管場所ってなに?」と言う方のために説明をすると、商品リンク機能を使用するためには、ASP管理画面内の商品リンク作成画面で「リンク先URL」と「画像URL」を入力して、商品リンクのリンクコードを作成するというのが一般的です。画像URLはリンク画像として使用したい画像ににマウスを合わせ、右クリック後にプロパティを見ると確認できます。しかし、広告主のサイトにある画像でこのURLを調べ、リンク画像として使用すると、広告主がその画像を削除した場合、リンク画像として使用している画像も表示されなくなってしまいます。そのようにならないためにも、画像をまずは自身のPCに保管し、その画像を自身のサイト内に保管し、その保管先URLを使ったほうが良いのです

広告主のサイトから画像が削除されるということは、リンク画像として使用している商品の販売が終了したことを意味しています。ならばその商品の販売の終了と共にリンクも削除をしたほうが良いのではないかという考え方もあります。確かにショッピングサイト形式のアフィリエイトサイトならばその方が賢明かもしれません。しかし、ブログなどで商品を紹介していくレビュー型アフィリエイトの場合は、画像もコンテンツの一部と考えられますので、たとえその商品の販売が終了しても、画像は表示されていた方がいいように考えています

ちょっと意見が分かれるコツかもしれませんが、サイト内に表示されずに「×」になってしまっている画像があるのは格好いいことではありません。画像を自身のサイト内に保管をするか、リンクを削除するかのいずれかの方法で、しっかりと管理することをオススメします

スモールワードでも成果発生が見込めるECサイトアフィリエイト

ECサイトのアフィリエイトのお得さについて以前に記事にしましたが、ECサイトのアフィリエイトには他にも良いところがあります。それはスモールワードでも成果発生が見込めると言うことです。

まず、スモールワードについて語る前に少々SEOのことについて話したいと思います。SEOとはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略で、日本語に直訳すると「検索エンジン最適化」意味になります。つまりSEOとは特定のキーワードが検索エンジンで検索された際に、検索結果の上位に表示されるように行う対策を意味します

アフィリエイトを行う上で、サイトに掲載している広告と関連するキーワードが検索された際に、そのサイトが上位表示されていれば、当然成果は発生しやすくなります

とはいえど、例えば現在アフィリエイトで人気のジャンルである、FXやレーシックなどのに関連しているキーワード、例えば「FX」や「FX 比較」だったり「レーシック」や「レーシック 比較」などのキーワードは、そのワードでSEO対策を行っている競合サイトが多く、検索結果の上位表示させるのは困難と言えます。

また、FXやレーシックの場合はその広告に関連するキーワードのは限られている場合が多く、いずれも検索結果の上位表示させるのは困難なキーワードが多いのです。このような競合が多く、SEO対策を行うことが難しいキーワードをビッグワードと言います

それに対してECサイトの場合は商品数が多くあるサイトがほとんどで、その広告に関連するキーワードはそのサイトの商品数に比例していると言えます。また、よほどの人気や知名度のある商品で無い限り、その商品に関連するキーワードでSEO対策を行っている競合サイトは少なく、検索結果の上位表示させるのが容易な場合があります。このような競合が少なく、SEO対策を行うことが容易なキーワードをスモールワードと言います

確かにスモールワードはSEO対策を行うのが容易な場合が多いのですが、その分検索数も少ないのが事実です。しかし、スモールワードもビッグワードもいずれもユーザーが自発的に広告に関連するキーワードの検索を行っていることには変わらないのです。つまり、スモールワードは検索数が少なくても、成果を発生させてくれる可能性が高いユーザーがサイトに来てくれていることには変わりはないのです

また、スモールワードでも多くのワードでSEO対策を行えば、結果的にビッグワードで検索結果の上位に表示されているサイトに勝ることもあります。と言うわけでスモールワードでアフィリエイトサイトに誘導しやすいECサイトアフィリエイトは成果を出しやすいと言えます

もしビッグワードでSEO対策を行える自信があるならFXやレーシックなどのアフィリエイトを行うことを強くオススメします。しかし、ビッグワードは生半可な対策では検索結果の100位以内にも表示されることはなく、非常に対策が難しいものです。初心者アフィリエイターには、スモールワードで成果が見込めるECアフィリエイトをオススメします。

ECサイト(物販サイト)のアフィリエイトは商品リンクを活用しよう

ECサイト(物販サイト)のアフィリエイトは提携のハードルも低い場合が多く、また気軽に紹介が出来るので、アフィリエイト広告の中でも人気のジャンルとなっています。しかし、ECサイトアフィリエイトを行っているサイトを見ると、商品リンクを活用している人が少なく、ちょっともったいないな~と思うことが多くあります。

商品リンクってなに?と思った方のために解説をすると、商品リンクとは、アフィリエイターが自由にアフィリエイト広告のリンク先を選択できる機能を意味します。ASPによっては「自由リンク」とか「アフィリエイト指定型リンク」とか呼ばれたりもしています。

通常のアフィリエイトのバナー広告やテキスト広告はあらかじめ広告主によってリンク先が決められています。しかし、商品リンクを使うことによって、アフィリエイターが自由にリンク先を決めることができ、また、用意されているバナーやテキスト以外からもリンクさせることが出来るのです。

自由にリンク先を決められると言ってもいまいちピンと来ない方も多いかもしれませんが、ECサイトのアフィリエイトでは商品リンクを使うのと、使わないのでは大きな違いが出てきます。なぜなら商品リンクを使うことによって、より成果に近いページにリンクさせることが可能だからです。

アフィリエイトは成果点に近い場所にリンクされているほど成果の発生が多くなります。しかし、ECサイトの場合はトップページがあり、カテゴリーページがありとページ数が多く、購入のページまでワンクリックで移動出来ない場合が多くあります。そのため、ECサイトのアフィリエイト広告の場合はトップページにリンクするよりも、商品の購入ページに直接リンクしたほうが成果は発生しやすくなります。それを可能にするのが商品リンクなのです!

ちょっとしたアフィリエイトのコツを知っていないと良さがいまいちわかりにくい商品リンクですが、ECサイトのアフィリエイトを行う上では必須といえる機能です。是非活用してみてください!

成果や提携申請がなかなか承認されないときには

アフィリエイト広告を掲載するために、まず最初に行わなくてはならないことは広告主への提携申請(広告掲載の許可の申請)です。そして提携申請が承認されるといよいよアフィリエイト広告を掲載できるようになります。その後、掲載した広告を通じて広告主のサイトに訪れたユーザーが商品購入などのアクションを起こすと成果になり、その成果が広告主に承認されて始めて報酬が支払われます

上記の流れはアフィリエイトの基本であるのですが、困ったことにこの流れは意外とスムーズに行かない場合があります。何故スムーズに進まないことがあるかというと、広告主からの提携申請、成果の承認がなかなかされないケースが多々あるのです。これには困ったものです。

提携申請の承認がされないもの困ったものですが、もっと困るのは成果の承認がされないことですよね。だって成果は承認されないと報酬が手に入らないのですから。そんな場合どうしたらよいか?方法は以下の2つだと思います。

◆広告主に直接問い合わせる。
この方法を使えるのはリンクシェアなどの広告主との直接連絡を許可しているASPのみですが、もっとも効果があります。そもそも成果承認がされない理由の一つとして、単純に広告主が作業を忘れているだけというケースが多々あります。そんな場合は連絡を取ってみると意外とすんなり承認をしてくれるものです。

◆広告主が参加しているASP問い合わせる。
通常のASPでは広告主との直接連絡は許可されていないので、この方法は最も一般的なものかもしれません。承認がされない状況を伝えれば、ASPの担当者が広告主に問い合わせてくれます

提携や成果がなかなか承認されないからといって諦めてはいけません。諦めたらアフィリエイトは終わりですからね!上記のようにしっかりと状況を伝えて承認されるように頑張りましょう!

| ホーム | 次ページ
Page Top↑

プロフィール

アフィリマン

Author:アフィリマン
なかなか稼ぐのが難しいといわれているアフィリエイトですが、やれば必ず結果は出ます!このブログでその手助けができればと思います。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

アクセスアップにオススメ

相互リンカー
相互リンクは検索エンジン上位表示の近道!無料登録で相互リンクを支援してくれるサイトです!

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
無料で登録できるブログランキングです!ブログランキングに登録するとアクセスしてくれる人がグンと増えますよ!

ブログランキング



人気ブログランキング

ブログ王

くつろぐ



にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。