スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

商品リンクのちょっとしたコツ 画像をサイト内に保存する

ECサイト(物販サイト)のアフィリエイト広告を掲載する上で、欠かすことの出来ない商品リンク機能(リンク先URL、リンクテキスト・画像を自由に設定できる機能)ですが、リンクに画像を使う場合は、一工夫すると管理が楽になります。その一工夫とはリンクに使う画像は自身のサイト内に保管しておくということです。

では何故画像を自身のサイト内に保管しておくと管理が楽になるのでしょうか?答えは簡単です。リンク画像を広告主のサイトに保管してあるものを使用すると、広告主がその画像を削除してしまったときに、自分のサイトで表示している画像も削除され、表示されなくなるからです

「リンク画像の保管場所ってなに?」と言う方のために説明をすると、商品リンク機能を使用するためには、ASP管理画面内の商品リンク作成画面で「リンク先URL」と「画像URL」を入力して、商品リンクのリンクコードを作成するというのが一般的です。画像URLはリンク画像として使用したい画像ににマウスを合わせ、右クリック後にプロパティを見ると確認できます。しかし、広告主のサイトにある画像でこのURLを調べ、リンク画像として使用すると、広告主がその画像を削除した場合、リンク画像として使用している画像も表示されなくなってしまいます。そのようにならないためにも、画像をまずは自身のPCに保管し、その画像を自身のサイト内に保管し、その保管先URLを使ったほうが良いのです

広告主のサイトから画像が削除されるということは、リンク画像として使用している商品の販売が終了したことを意味しています。ならばその商品の販売の終了と共にリンクも削除をしたほうが良いのではないかという考え方もあります。確かにショッピングサイト形式のアフィリエイトサイトならばその方が賢明かもしれません。しかし、ブログなどで商品を紹介していくレビュー型アフィリエイトの場合は、画像もコンテンツの一部と考えられますので、たとえその商品の販売が終了しても、画像は表示されていた方がいいように考えています

ちょっと意見が分かれるコツかもしれませんが、サイト内に表示されずに「×」になってしまっている画像があるのは格好いいことではありません。画像を自身のサイト内に保管をするか、リンクを削除するかのいずれかの方法で、しっかりと管理することをオススメします
No title
いろいろな情報に興味があるので
おじゃましています。
いい参考になったと思いますので
v-219ぽちっと応援していきます。
よかったら遊びに来てくださいね。
by: 無料でできるお小遣い稼ぎ * 2008/06/27 22:25 * URL [ 編集] | UP↑
No title
こんばんは!

私のサイトが参考になったとのことで何よりです。
これからも応援宜しくお願いいたします!
by: アフィリマン * 2008/06/29 23:01 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

アフィリマン

Author:アフィリマン
なかなか稼ぐのが難しいといわれているアフィリエイトですが、やれば必ず結果は出ます!このブログでその手助けができればと思います。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

アクセスアップにオススメ

相互リンカー
相互リンクは検索エンジン上位表示の近道!無料登録で相互リンクを支援してくれるサイトです!

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
無料で登録できるブログランキングです!ブログランキングに登録するとアクセスしてくれる人がグンと増えますよ!

ブログランキング



人気ブログランキング

ブログ王

くつろぐ



にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。